ひとこと説明:

謎めいた黄金球をあとにした私たちはザルツブルク城塞の上まで行きました。 その後はノンベルク修道院を訪れました。...


ひとこと説明:

いくつかの言葉を話す方は、すでにお気づきかと思いますが、 その言葉ごとに、口の中で使い場所が違ってきますよね。 今日は、そのことに触れてみました。 そして、楽しいおまけ(?)も載せてみましたので、 ご覧ください。...


ひとこと説明:

翌日は旧市街を歩いてみました。 ザルツブルク大聖堂の近くで不可解なオブジェに出くわしました。...


ひとこと説明:

寒くなってきて、朝起きて外を見ると、 煙突から水蒸気が出ているのが見えます。 暖房をつけてるんですね。 それを見ていて今日は、煙突掃除人にことについて、 書いてみました。...


ひとこと説明:

前回からの続きです。 モ−ツァルトの生家は四階建てになっていて各階に違ったテ−マのものが展示されていました。...


ひとこと説明:

翌日シモニ−・ハットから下山する途中、不思議な現象に出くわしました。 そのあとゲオルグが車で私たちをザルツブルクまで送ってくれました。 ...


ひとこと説明:

最終日は実際に氷河の上を歩くトレ−ニングをしました。 リサはクレバス救助が本番にならないかと、とても不安そうでした。...


ひとこと説明:

ドイツで、日本語を習っている人、たくさんいます。 日本語を勉強するきっかけ、理由は様々ですが、 今日は、そこに焦点を絞ってみました。...


ひとこと説明:

タンデムって言葉をご存じでしょうか。 いくつかの意味があるのですが、 外国語を勉強している方は、この言葉を聞いたことがあるでしょう。 今日は、タンデムについて書いてみました。...


ひとこと説明:

翌日リサのカメラを探しに行きましたが見つからないので、ゲオルグの提案でクレバス救助訓練をすることになりました。 すると思いがけないアクシデントが……。...